umabudou 13

1989年☆★

昨日、BSでベルリンの壁の崩壊の経緯を追っていく番組をやっていましたが、
ベルリンの壁の崩壊は、1989年で、日本では、昭和天皇の崩御と同じ年だったということを改めて認識しました。
wikipediaで調べていくとこの年は、事実上、冷戦が終結した年であり、世界史的には、「近代」と「現代」の境の年として捉えることもできる、と。
しかし、 これは東欧革命やベルリンの壁崩壊を境にしているためで、ソ連崩壊の翌月に当たる1992年以後を現代と捉える見方もあるそうですが。
ふ~mm、という感じです。

1989年は、自分にとっても境目な年であったので、いろいろ調べていくと、
この年は1月7日に昭和天皇が崩御し、この年の昭和は、7日間で終わりになったことを皮切りに、
1月8日 - 元号が「平成」に改元される。
2月9日 - 「鉄腕アトム」の手塚治虫が死去
2月13日 - リクルート事件で江副浩正が逮捕される。
2月26日 - 東京ドーム公演を最後にオフコース解散
4月21日 - 任天堂がゲームボーイ発売。『スーパーマリオランド』同時発売
4月27日 - 松下電器創業者で“経営の神様”と呼ばれた松下幸之助が死去
6月2日 - 竹下登内閣が総辞職。
      横浜市開港130周年。
6月4日 - 中華人民共和国の北京市で天安門事件
6月24日 -美空ひばりが死去
7月16日 - ベルリン・フィル管弦楽団のカラヤンが死去
7月23日 - 同年6月3日に発足した宇野宗佑内閣が、 第15回参議院議員通常選挙での自民党歴史的大敗により辞意表
       明。(これって、宇野さんの古典的女性蔑視によるものだったと記憶していますが。)
8月7日 - 埼玉連続幼女誘拐殺人事件の宮﨑勤が自供
8月30日 - 三井銀行が太陽神戸銀行との対等合併を発表し、後の三井住友銀行となる。
      (この頃から、大手企業の買収やら合併の動きが始まり、今に至っていますよね。)
9月27日 - 横浜ベイブリッジ開通。
       ソニーがアメリカのコロンビア映画を買収。
9月28日 - TBSの人気音楽番組『ザ・ベストテン』が放送終了
10月9日 - 千葉市に日本コンベンションセンター(幕張メッセ)が開場
10月23日 - ハンガリーが社会主義を改め、ハンガリー共和国に。
10月31日 - 三菱地所がアメリカ のロックフェラーグループを買収
11月 -   カップ麺の生産量が袋麺を上回る。
       (そうなんだぁ。ここから、ファーストフードへの道が加速していきましたかね。)
11月4日 - オウム真理教による坂本堤弁護士一家殺害事件発生(宮﨑勤と同年だったんですね。)
11月9日 - 東ドイツがベルリンの壁の通行を自由化し、11月10日にベルリンの壁崩壊。
11月24日 - チェコスロバキアでビロード革命。共産党政権の崩壊
12月3日 - ジョージ・ブッシュ米国大統領とゴルバチョフソ連共産党書記長がマルタ島で会談し、
       冷戦の終結を宣言(マルタ会談)
12月22日 - ルーマニアのチャウシェスク政権崩壊
12月25日 - 東京ディズニーランドに7,777万7,777人目のゲストが来園
12月29日 - 東証の日経平均株価が大納会で史上最高値の38,915円87銭を記録。これを最後に1990年の大発会から
        株価は下落へ転じ、バブル景気は崩壊へ。

ちなみにこの年のベストセラーは、
吉本ばなな 『TUGUMI』
井上靖 『孔子』
村上春樹 『ノルウェイの森』
盛田昭夫・石原慎太郎 『「NO」と言える日本』

映画では、
宮崎駿の『魔女の宅急便』
『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 』
老齢のユダヤ系未亡人とアフリカ系運転手のこころの交流を描いた『ドライビング・ミス・デイジー 』
ベトナム戦争を扱った『7月4日に生まれて 』
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 』など。

つらつら書き出して眺めてみますと、
まさに、戦後の昭和を支えた人たちの死であったり、
昭和天皇の死は、ひとつの戦争の終わりでもあったでしょう。
そして、企業買収や、ゲーム機時代の幕開けもここにあって、
オウムや、宮崎勤の事件が重なって現われていて、
デジタル経済の加速度的な発展と
心の闇の存在の露呈の始まりの年と言えなくもないかな、と。

しかして、東欧諸国の押さえれていたものが、解き放たれたということは、
世界的にみて、大きな進化だったのでしょうから、
大きな体の枠組みの変化に立ち会う中で、
これからは、ひとりひとりの心の枠組みの自由さが、
いかに合っていくかが問われていくのでしょう。
ここからは、まさにそれぞれの時代_、
それぞれが、それぞれに考えて生きていく時代であるだろうことは、
間違いのないところでしょう。

前のページに戻る

このページの上部へ