うまぶどう15%

ヨギーニなサラダ・らいふ

白状いたしますと…、
この秋、カラダのラインも戻ってきたし、ということで
なんだか目いっぱい食べていてなんと54kgまでリバウンド。(><);
今年の春までは、月に一度『月刊みと』のコラムに合わせた撮影もあったので、気も使ってコントロールしておりましたが、
食欲の秋を満喫した挙句、暴走しすぎたのか、お口の中も荒れ出しました。
口内の荒れは、胃腸と直結。
医者の不養生ならぬ、ヨギーニの不摂生!!ですね。

そこで、カラダを入れ替えるべく、ココロを入れ替え、
今では、模範的食生活に_。
ここで良い事がいっぱいおきましたので、まずは、皆さんにご報告。

口腔や舌の荒れを治すべく、食事の中核に、
りんごとにんじんにレモンや柚子などを加えた
フレッシュな生ジュースを朝から手作りして飲み始めました。
ちょうど、無農薬な食材を戴いたことも功を奏し、あらためて、にんじんの甘さにも気づかされました。

毎日飲み始めて、一週間もたたずに口内炎の改善もみられましたが、まずお肌にも違いが現われました。
きめが整い張りのある素肌に。
まるで化粧品メーカーのキャッチフレーズのように変化っ。☆☆☆
この変化はヨーガの生徒さんたちが実証人に。
一週間前に来た生徒さんたちが『ゆうこさん、どうしたの~?』と。

そして次に嬉しかったことは、体重も5キロ弱落ちました~。(o^∇^o)ノ

生ジュースの効果をいろいろ調べてみると、
生で野菜や果物を食した場合、免疫活性力が上がり、
ファイトケミカルがカラダの酸化を防いで元気にしてくれるのだそうな。

そこに適度な運動が加わると活性酵素がカラダの隅々にまで届けられやすくなると言いますから、
ヨーガ・レッスンでの基礎代謝アップによって相乗効果がもたらされて、
私の効果は特に早く外に現われたのかもしれません。

こちらのYOGA倶楽部では、レッスン後お時間のある方には、
ヨーガでの代謝アップ後に、カラダを休めて体内の不純物を流しやすく促すために
暖かい緑茶を飲んでからお帰り頂くのですが、
最近は、材料があるときにはこのファイトアップジュースを
お入れしています。

みんなできれいになってまいりましょー。。o@(^-^)@o。ニコッ♪



粘膜や肌の荒れはもちろん、疲れた内臓を活性化する食事は、
ジュース以外でも新鮮な野菜を多く摂取することで免疫力をアップさせることが改めてわかりましたが、
同時に塩分を少なく調理することで、荒れた粘膜の回復にはとくに効果的とか。

あたたかい野菜スープもいつも入れるコンソメや食塩などでの味付けをせずに
昆布のだしや、野菜たちから出る味だけでまず飲んでみると、
それだけでも深い味わいがあることに気づかされます。

カラダを少し休ませてあげたいときや、リセットしたいとき、
デリケートな時のコンディション調整にお試しくださいませ。
優しく体が改善されてくるのが実感できます。   ☆☆☆

前のページに戻る

このページの上部へ