うまぶどう15%

千葉の生徒さんとパン作り

ヨーガはアトリエの方で行なっていますが、この日は我が家でパン作り。
千葉からいらしているヨガの生徒さんのリクエストで『いちじくのパン』と『ライ麦入りのパン』を一緒に焼いてみました。
朝から2時間、たっぷり台所を磨き上げることから始まりましたが、
お家もいつもよりピカピカになったことが今回の副産物_。
ゆっくり説明時間も入れて成形し焼き上げて、3時間半。
おいしいパンが焼きあがって、ほっ。
パン作り時に起こり得るいろいろな不測な事柄(たとえば、なかなか膨らまないとか)でも、発酵温度や、発酵時間を
調整することでなんとかなるもの。
回数を重ねて作っていくとその辺りも見極められるようになってきます。
お母さんのおにぎりが飽きのこないように、
我が家のパンもそんな感じ。
実は、秤を使っていないのです。
なるべく目分量で塩や、砂糖、強力粉の配合も時々に小麦胚芽や、ライ麦、全粒粉を
混ぜています。
パンいろいろ
もちろんベースになるレシピはありますが、
配合を変えることで毎回『小さな冒険』を繰り返しながら焼いている感じです。
まず、作り手の自分を飽きさせない、毎回ワクワクなパン作り。
中に包む具材もあんや、
チーズにウインナーなど展開もできますし、
お店で買うだけのパンを自分で作れる楽しさと焼きたての酵母の香りは、
なかなか奥の深いシアワセ感を醸し出します。☆☆☆

前のページに戻る

このページの上部へ