うまぶどう15%

RUN ☆風になる・・・そしてパン作り

走り始めて、一週間。続いています。
走り始めた翌日から、千波湖に場所を変えて、湖一周のrun。
一周すると3キロちょっとになるので、ゴールまでは、近いようで遠い道のり。
小さめのストップウォッチを新調し測っているのですが、25分前後。
辛くならないよう、スロージョギングは、キープ。
ですが、だんだん暑さも増してきているので、少し早めに起きて走るのが気持ちいい_。
風になる、というよりも、その日の体調も含めた風向きに相談しながらですね。

さて、走り始めてからの思わぬ副産物は、なぜか、パン作り。
急にパンを焼きたくなってしまったのです。
ベーグルから始まって、映画の『かもめ食堂』に出てきたシナモンロールも
昨日焼いてみました。

今日は、レーズンをたくさん入れて、只今、発酵中。
パン作りは、取り掛かって要領さえ抑えれば、淡々と焼きあがるまでの工程を
こなしていけばよいのですが、なかなか腰の上がらない方も多いかと思います。

さて、私も手作りパンはいつ作った以来でしょうか。
そのぐらいブランクもあった感じですが、
なんだか、腰も軽く興に乗ってきた感じです。

走り始めた翌日から、パン作りも楽しく続けているので、
カラダとココロの相互作用、響きあうココロとカラダ。
そんなことを考えます。。。
ヨガで基本的な体力としなやかさが増していることで、
何かをしたいときにできる自分がいることは、とても楽しいことです。

P1010191サフランボルのパン屋さん
この写真は、トルコの小さな村『サフランボル』のパン屋さん。
添加物などほとんど入っていないそのパンは、小麦粉の香り豊かで、
小麦粉本来の味を楽しむことができました。
一緒に行った娘に『トルコでいちばんおいしかったものは?』と尋ねると、
なんと街角のパン屋さんのパンでした。(ちなみにトルコは、世界三大料理の一つとして名だたるところです。
シシカババブーが有名ですが。)
トルコのパンは、『ナン』と呼ばれる写真にあるようなリング状の形をしていて、
プレーンのほかに、香ばしい黒ゴマがかっているものなどがあります。
田舎のパン屋さんだけでなく、イスタンブールの街中で小さなワゴンで売られているナンも同じようにおいしかったのは
嬉しかったですね。
そう、おいしいと嬉しいんです!!

前のページに戻る

このページの上部へ